Home > diary

diary

OFF19 Track2

  • Posted by: sakai
  • 2020.08.30 18:18
  • music

さて2曲目です
ノルウェー出身のDJ/Producer、現在はベルリンで活動しているDJ FETT BURGERのミススペルDJ FETT BIRGERによるKokken Tors Jævla Sensualitet Mix (Lang Versjon)
こちらも前曲から続きビーチを連想させるゆるゆるなトラックです。
DJ FETT BIRGERは北欧ならではのレイヴディスコ、ダブなどのダンストラックのリリースが多いので、これを聴いた時はこんなのもやってずるい...笑
って思って購入した1枚です。
弟のDJ Sotofettと共にSex Tags Maniaというレーベルを運営しています。
僕が持っている中でこちらはそこからの1曲です。

夏のお写真

  • Posted by: riku
  • 2020.08.30 11:11
  • etc

最近撮った写真です。

rikuriku202008304.jpg

rikuriku202008301.jpg

rikuriku202008303.jpg

rikuriku202008302.jpg

rikuriku202008306.jpg

rikuriku202008307.jpg

最近またカメラを購入したので今はフィルムカメラ3,4個を用途によって使い分けております。

それぞれ特徴があって面白いです、、

とりあえず最近わたくし思うのは、

フィルムの値上げだけはもうやめていただきたいです!!!

夏の作品撮り

  • Posted by: yuki
  • 2020.08.27 23:23
  • etc

先日、髪を切りに来てくれてるりなちゃんと撮影をしました。

リナちゃんは美大生であり、女優の卵さん。
出会った時から美少女すぎて常に胸を打ち抜かれておりました。

D292B90E-5AC8-4713-878D-426F399782F0.jpeg

おっとりしてると思いきや、話すとしっかりしていて
ゆるっとしてると思いきや、政治の話とかしっかりしてきて
でもやっぱり少しゆるっとしていて
私は彼女と話していると世界感にとても落ち着いてしまいます。


この日は最近OFFのブログで話題のカメラ大好きリクくんも一緒に撮ってくれました。(最近ブログを読んでくれたお客様から急にリクくんと呼ばれ始めた人気者ー)
1C89A178-97EA-4D4B-82DC-BC6905E5771A.jpeg

この日は本当に暑くて、外出た瞬間に汗、汗。

りなちゃん暑い中ありがとう。
でも今回は夏らしい撮影がしたかったので汗をかいた髪もイメージ通り!
5C3CD4D4-8C9E-470C-BD64-85C79E559D99.jpeg

美味しそうにアロエ白ぶどうを飲むりなちゃん。
CM決まりだね。

blogではオフショットでしたが、
また作品はHPにUPします◎

お洋服事情

  • Posted by: riku
  • 2020.08.21 19:19
  • fashion

夏、暑いですね。

虫が出るので夏は苦手です。村田です。

今夏の僕の装いを載せさせてもらいます。

rikuriku202008211.jpg

rikuriku202008212.jpg

rikuriku202008213.jpg

rikuriku202008214.jpg

vintageが多いですが、現行のものもちょいちょい挟みたい気分です。

全身オールホワイトと2000年代のゲームシャツにハマっております。

あと、5年振りくらいにピアスを変えたのですが

スタッフや友人も何人か気づいてくれて、嬉しかったです。(笑)

人の些細な変化に気付ける人でありたいと思いました。。

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2020.08.19 11:11
  • cinema

 
普段洋画の方が観ることが多いのですが、今回は邦画を紹介したいと思います!
 
 
1.undo (1994) 監督・岩井俊二


F3A243DD-3DDD-4D4B-BFCF-2A0D0A9A479B.jpeg

雑誌BRUTUSの誌上ショートフィルムの企画で岩井俊二さんの監修の元、山口智子さんの写真を撮ったきっかけから生まれた45分の短編映画です。
登場人物は一緒に住んでいる山口智子とトヨエツ(とんでもなくかっこいい)と精神科医役の田口トモロヲさんの3人のみ。
 
ちょっとしたすれ違いからだんだんと精神を病み、何でもかんでも縛り付けてしまう異常行動の彼女にかなり戸惑いますがどの瞬間も美しくて儚くてほんのり恐ろしい!
 
1DA5ADA4-9383-422C-897D-2ECB5B918259.jpeg
 
山口智子のあどけないかわいさも相まってかなりタイプな映画でした。
公開当時シネスイッチ銀座で一週間限定のレイトショーのみながら連日長蛇の列ができる程話題になっていたそうです。
独特でアートな世界観がお好きな方ぜひ。
 
 
2.インスタント沼(2009) 監督・三木聡


DAAE72C5-A8A0-4C93-BA0C-96DF2947475B.jpeg

この映画はほんと好きで定期的に観たくなる映画のひとつ。
オープニングのカラフルでチープな演出も大好きです!
雑誌編集者で主人公のハナメ(麻生久美子さん)が色んな人と出会いしょうもないことも全力で取り組んでいるのをみて純粋に楽しめる映画。
なんでもない会話がおもしろく、シュールな世界観が好きな方におすすめです!あとふせえりさんが、最高です。
 
 

3.スローなブギにしてくれ(1981)
 
 
21787BE4-EC5E-4A06-B939-B6A9915CD6DD.jpeg
 
友人からおすすめされ、貸してもらった映画。
昭和の良い時代にどっぷり浸れる作品です。

若かりし頃の浅野温子さん、山崎努さん、原田芳雄さん。
若い頃の作品は見たことがなかったのでとても新鮮でした!
自由奔放で野良猫みたいな浅野温子がほんとーに!かわいい。
 
047ADF10-0FB4-4E01-A2F7-C34CC48BDD3A.jpeg

山崎努演じる中年こじらせ男とバイクを乗り回す喧嘩っ早い青年との間をふらふら行ったりきたり猫みたいな少女の話。
主役は浅野温子さんのはずなのに山崎努さんの存在感が大きすぎて山崎努映画になってました。笑
ダンディで渋い声が痺れます。
これを機にこの時代の映画を見ることが増えそうです。
 
 
邦画はまだまだなのでおすすめ教えてもらえるとうれしいです!
 
 
kurumi