Home > diary

diary

映画

  • Posted by: arakawa
  • 2020.07.02 17:17
  • cinema

こんにちは!

 

自粛明けはじめての映画館に行きました。

ジブリの名作がやっているとゆうことで、「風の谷のナウシカ」を見に行きました!

 image0.jpg

1980年代とゆうことに驚きました

ナウシカのオレンジ色に髪の毛に憧れてまねしたことも・・・

 

小さい頃の見た記憶のままでその時は全然内容が入ってこなかったんですが、今回観てすごく意味が深い話なんだなーと

思ったのと、映画自体の色味がとっても綺麗で見入った結果半泣き状態でした(笑)

 

他にも、もののけ姫やゲド戦記(は観たことないです)千と千尋の神隠しがやってるそうなのでまた見に行きたいと思います。

 

映画館も1つ席を開けて座る状態でマスクと入る前の手指消毒、と徹底されていました

誰かと一緒に見に行って1つ席を開けて座る感覚はなれなくて変な感じでしたが、映画館に行けるのは嬉しいですね!

 

自粛中に今更ながらハマった、エヴァンゲリオンの映画も延期になっているので早く見たくてしかたないです~~

一気にハマってTシャツを買いそうでした・・・

 

まだ自粛中にみていてたまってるののがあるので見て、このブログで報告していきたいと思います~!

ついでに今ネットフリックスで見ているネットフリックスオリジナルの「ブレイキングバッド」を見ていてあともう少しで終わりそうです。

 

またお伝えしていきます~!

 

BGM20200702 / Canción Mixteca

映画 『パリ、テキサス』 オリジナルサウンドトラックから

Ry Cooder / Paris, Texas (1984)

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2020.07.01 12:12
  • cinema

 
最近観たおすすめの映画を紹介したいと思います!
 
 
1.セレブリティ(1998)
 
C3008FC7-6380-4640-AAC9-334821CF48A7.jpeg
 
ウディ・アレン監督作品。
高校の同窓会に出た40歳の旅行記者が友達の成功をみて、自分もセレブの仲間入りするぞ!といきなり妻と離婚しセレブリティな世界に飛び込んでいくお話です。
かなりキャストが豪華でシャーリーズ・セロンやディカプリオ、ウィノナ・ライダーなど当時人気絶頂の俳優陣がちょい役で出てます。
主人公はいつものお決まりで話し方や動きがウディ・アレンそのもの。笑
凄くきらびやかで鮮やかな世界。だけど全編モノクロという皮肉さ。
運をつかむ人、そうでない人、笑えるけど考えさせられる映画です!
 
 
2.ル・アーヴルの靴みがき(2011)
 
FCC1AEE9-72A6-4746-999C-3DADA0D9E6EF.jpeg
 
フィンランドのアキ・カウリスマキ監督作品。
フランスの田舎の港町ル・アーヴルで暮らす老夫婦がアフリカからの不法移民の少年と出くわしかくまうお話。
大袈裟な展開はせず、ずっと静かに淡々と話しが続いていくのですがちょっとしたやさしさだったり視線や目の動きで繊細に丁寧に描いていて個人的にはグッとくるものがありました。
実際に起きている問題でもあるし勉強になった映画。
 
 
3.スパニッシュ・アパートメント(2002)
 
3357FE78-6B32-4C85-AF8F-70065F180434.jpeg
 
フランス人大学生の男の子がスペインに留学し、イタリア・ドイツ・デンマーク・イギリス・ベルギーと多国籍な留学生たちとルームシェアするお話。
それぞれのお国柄もあれば性格もバラバラでごった返しの生活だけど国籍を超えた対人との交流とか、今コロナで世界との交流が分断されつつあるからこそ見てもらいたい映画です!
私も学生の頃に留学してればよかった~と思いました。笑
レディオヘッドのNo surpriseが何回も流れるところとか主人公の彼女がオドレイ・トトゥで可愛すぎるのも好きです! 
 
 
 
最近みた映画たちでした♪
かなり偏って見てしまうのでみなさまのおすすめも教えて欲しいです!
 
 
kurumi

ベトナム社員旅行③

  • Posted by: kuramoto
  • 2020.06.29 22:22

3日目最終日は自由行動でした。

僕は陸君と男二人旅をすることに。

自分は旅行では計画的に動きたいタイプなので出来るだけ色々なところを周れるように計画をたて、

言われるがままの陸君を連れまわすスタイルになりました。

まず初めに向かったのは、トレインマーケットという所謂インスタ映えな観光地。

両脇にはカフェ等のお店が建ち並び、道の真ん中には古くに使われていた線路が残っています。

E10BF7B2-5333-4B50-9611-EB42F0622F13.jpeg

到着し立ち入ろうとすると警察官に笛で盛大に呼び止められ、カフェで何かを注文する人しか入れないと言われたので二人で高めのコーラを注文しました。

つい先ほどコンビニで通常料金のコーラを買ったばかりだった陸君はぼったくられたとふてくされていました。

日本でもカフェの飲み物はコンビニより高いだろうがと心の中で思いました。

,

,

次の目的地に向かう最中、色鮮やかに染められた犬たちに遭遇。

A3823DED-754D-4413-A600-0446FD7C9634.jpeg

物珍しさに写真を撮っていたら写真を撮っている僕たちも飼い主に笑われながら

撮られていました。

,

,

そうこうしているうちに次の目的地ホアロー収容所に到着。

ここはフランスがベトナムを統治していた時代にそれに抵抗するベトナム人が収容され家畜以下の扱いを受けていたという場所。

実際に使用されたギロチン等も展示されていました。

540FF5B4-C544-43DB-9723-C1B54E304BCC.jpeg

壁や建物が鮮やかでとても綺麗だったのですが、やはり不気味な雰囲気に包まれていました。

7C95BA74-81E5-4E1C-A631-CB814F41FC81.jpeg

お互い自由に散策していたのですが意外と広く入り組んでいた為収容所内ではぐれてしまい、30分ほど陸君を探す羽目に。

当時の陸君はコロンビアの英雄バルデラマの様な髪型をしていたのでかなり目立つはずだったのですが一向に見つからず。

そこで持参していたポケトークを使い、ダメ元で受付の方に聞いてみることにしました。

「髪の毛がチリチリのひょろい男を見ませんでしたか」

無理を承知でポケトークに話しかけてみると、なんとポケトークはこの文章をしっかり翻訳しベトナム語で伝えたのです。文明の発達に感動しました。

受付の人は心当たりがあったのか、画面を見るや否や爆笑。近くのベンチに座っていたよと有力情報を教えてくださり向ってみると、

そこにはベンチの日陰で黄昏るバルデラマがいました。

自分が探していた時間陸君はここでずっと黄昏ていたのかと思うと少しイラッとしました。

,

,

英雄との合流を果たし、最後に一番の目的地であったロンビエン橋へ

こちらも植民地時代に使用されていた鉄橋で、中に立ち入る事が許可されており、

果てしなく続いているように見える大きな橋が写真映えすると密かに話題になっている場所です。

4FE8172D-4AF8-49F1-9892-3FD578C71AB1.jpeg

幸運なことに誰も人がいなかったので景観を堪能していると、またしても陸君の姿が無くなっていました。

辺りを見渡してみると橋の外に立ち尽くす陸君を発見。どうしたのか尋ねるとなんと高所恐怖症で中に入れないと言い出したのです。

女子かよと思いながらしぶしぶ手を差し伸べ、叫び狂う陸君を橋に招き入れました。勘弁してほしいものです。

確かに足を踏み外したら川に落ちるかバイクに轢かれるかの二択で、修復も行き届いていない様子だったのでスリル満点でした。

皆様もハノイに訪れた際は是非行ってみて下さい。

,

,

一日中歩き回ってヘトヘトになった僕たちは、帰りにベトナムで主流の原付タクシー(バイク)に3人乗りしてみることにしました。

交通量が多いベトナムでの3ケツは想像以上に危険で、何度も命の危機を感じましたが、爽快感がありとても楽しかったです。

かなり満足したのでベトナムでは少し多めの金額のチップを渡しました。その後、相当楽しかったのかあのドケチな陸君もチップを渡していたのですが、

その金額なんと1000ドン。日本円にすると驚愕の5円です。

運転手の方も僕も苦笑い。ほんとにやめてくれと思いました。

,

,

何はともあれ、おかげで最終日もとても楽しい一日なりました。この旅で陸君とは波長が合うなと感じられ、

彼となら色々な国を二人旅できるかもしれないと思えました。

嘘です。

最後にベトナムで撮影した写真をいくつか載せ終わりたいと思います。

長きに渡りここまで読んでくださった方々、どうもありがとうございました!!

ps,ベトナムのロッテリアは死ぬほどおいしいです(そんなことない)

B0A5B4D5-937F-451C-A714-01534BF07928.jpeg

F5F4F22C-5BF3-454D-B5B1-20DF63AC940F.jpeg

EA6D8B71-CE1F-4DDC-9BBF-F3BE11DBB995.jpeg

ちょっと奇癖な映画鑑賞

  • Posted by: yuki
  • 2020.06.25 22:22
  • cinema

1ヶ月に1回あるかないかですが、

映画や好きなドラマを観始めると

時間が許す限り集中して何本も観てしまいます。

時には映画館をはしごして何本か映画を見たりします。

1つの事始めると止まらなくなる私の悪い癖なのか
恐らくとても感情移入してしまうので観れる日が限られているから集中してしまうのかよく分かりません。

先週私が1番好きであろうドラマ

ロングラブレターを数年ぶりに全話1日に見返しました。

もう知らない人も多いこちらのドラマ、
今の若い方にも是非見て頂きたい。

5FAD3739-6D64-492D-8EDD-805FDD920A3D.jpeg

AEE068E7-20EB-488F-B93B-B81D0D98D761.jpeg

なぜ11歳の私がこのドラマにどっぷりはまったのかは
今や思い出せないのですが、

当時どんな学園恋愛ドラマかと思ったら

想像を超えるスケールの大きいドラマで驚いたのを覚えてます。
何度見ても泣けて、何度見ても集中してしまいます。

2020年の未来が砂漠化しているのですが、
私は本当に未来はこうなるもんだと思っていました。

ここから始まった私の窪塚ブーム。
だいたいこの流れでGOを見て、最近はジエクストリームスキヤキを見て
という流れ。

それに今回は2作追加されました。

252DE957-019E-481D-965E-19428928F43B.jpeg

B1837DCD-22BE-43CB-9EEC-D0BD37EA43B6.jpeg

個人的に最初の晩餐は

家族物に弱い私にはかなり良い映画でした。


この日も4作品を一気見したわたしは
1週間世界から抜け出せないのでした。