Home > diary

diary

七草でコースを

  • Posted by: izumi
  • 2017.05.31 21:21
  • eat

今月は食べ物ばかりになりましたが、

優しさがしみしみしたのでご紹介します。

七草という、駒場東大前が最寄りのご飯屋さんです。

gaki---izumi1705314.jpg

ここは和食のコース料理のみのお店で、優しい野菜の数々に胃腸が綺麗になって気がしました。

かなりの誉め言葉です。

gaki---izumi1705312.jpg

これは横に置いてある葉が出てきたときには、上にかぶさっていました。

めくってみたら涼しさを感じるジュレと野菜たち。

gaki---izumi170531.jpg

これはデザートで寒天の中の白いのはなんと豆腐でした。

これいっぱい食べたかった、、。

まだまだいっぱい品数がありましたが

普段脂っこい食べ物が苦手で、炭水化物は大好物な私にとっては優しさが染みる料理でした。

"やさしさ"しか言ってないですね。笑

コースというと私は少し量が足りないと思ってしまうんですが

これが人並みなのか、、と思い知らせれます。

素敵な器も見れてとても贅沢な時間でした~。

天使の涙

  • Posted by: honami
  • 2017.05.31 15:15
  • cinema

最近また、いくつか映画を借りて観るようになりました。

 

そのなかのひとつ。

ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」がすごく好きで

借りたのは同じ監督の「天使の涙」。

 

恋する惑星では映像がきれいで色調がポップで

内容も希望にあふれた感じのストーリーなんですが

天使の涙は色調ははポップでも内容はどこか暗さのあるものでした。

 

gaki---20140110221432.jpg

gaki---fae92ae2b4c23a29f0d495bbb74cd431-680x382.jpg

話の中に登場人物が何人かいて、

一人ずつストーリーがありそれが交錯していく。

みんなそれぞれ孤独でさみしさを抱えているのです。

そんな内容ですが、劇中の音楽と映像が暗さをそこまで感じさせません。

その絶妙な雰囲気がすごく好きです。 

 

gaki---e883e8a028e1a7db4f7147f51c443f73.jpg

 

恋する惑星でもそうでしたがこの作品にも

若かりしころの金城武が出ています。 

gaki---photo_2.jpg

 

昔よく日本のドラマで見てた頃は

台湾と日本のハーフだということを知らなかったので

流暢な中国語がなんだか不思議な感じ。。。

 

とはいえ今も昔も本当に変わらずかっこいい。 

金城武演じるモウは、幼いころに賞味期限切れのパイン缶を食べ過ぎたせいで

話すことができなくなったという、なんだか不思議な役柄です。 

gaki---198836d5.jpg 

 

 

ウォン・カーウァイ監督が描く香港は鮮やかでネオンが綺麗で、

いつ観ても香港に行きたい気持ちになります。 

 

 

最後に、特に好きだったエンディングを。 

ちなみに曲が始まるのは2:42~です!

you

  • Posted by: itagaki
  • 2017.05.29 23:23

 

銀座にある「you」という喫茶店に行きました!

 

入口のネオンがかわいい、、、

 

gaki---IMG_5618.jpg

 

遅めのお昼ごはんで15:00すぎに行ったのですが

食事をする人、コーヒーで休憩をする人で思った以上に混んでいました。

 

お店の入口のイラストにも描かれているように

オムライスが有名と聞きつけてきたのですが

この日はどうしてもナポリタンの気分だったので

ナポリタンを頼みました!

 

gaki---IMG_6140.jpg

 

なんだか安心感のある色合い、、、(笑)

 

一緒にアイスコーヒーも頼んだのですが

ここのアイスコーヒーが元から甘めに作られているらしく

コーヒーは砂糖やミルクがないと飲めない私にとっては

とてもおいしかったです☆

 

喫茶店の雰囲気がすごく好きなのでいろんなところに行ってみたいなーとは思うのですが

初めてのところに行くのに警戒してしまいなかなかチャレンジ出来ないでいたのですが

いろんなところへ行っていろんなコーヒーを飲みたいなーと思いました、、!

 

gaki---IMG_5620.jpg

 

Continue reading

少し前の出来事

  • Posted by: jun
  • 2017.05.26 12:12

定期的に自主的にやっているtest shooting。

初めて外国の方からインスタグラムを通して

一緒に撮影をしませんか?という誘いがきた。

その方はカナダに住むカメラマンで彼女と旅行で東京に行くから

スケジュールが合えば撮影をしませんかと。

最初はびっくりしたけど、彼の作品を見てみると

とてもきれいな写真だったので二つ返事でOKをした。

スタイリングはST,CATの聖子さん、モデルは海野ゆうちゃん。

ian.yuu.stcat2017IMG_7784.png

当日、聖子さんが用意してくれた洋服たち。並んでいるだけですでにきれい。

彼女のセンスがとても好きです。

ian.yuu.stcat2017IMG_7811.png

左にいるのがイアンさん。

当日、英語を上手く話せるかドキドキしてたら、なんとイアンさん日本語話せた(笑)

学生の頃、京都に住んでいたらしく、日本のカルチャーにもとっても詳しい。

また京都に住みたいって言ってた。

ian.yuu.stcat2017IMG_7822.png

3月だったのでまだ寒い。

普通の住宅街でも撮影しました。

わたしたちはイアンさんが東京のどんなところで撮りたいのか

外国人の目線でみる東京をみてみたくて

ホテル以外の撮影場所はイアンさんにお任せして彼が前日

散歩をしながらみつけたお気に入りのスポットで撮影した。

ian.yuu.stcat2017IMG_7795.png

モデルをしてくれたゆうちゃん♡

凛々しくて品があってクラシックな洋服ががとても似合う。

ian.yuu.stcat2017IMG_7828.png

イアンさんのカメラもクラシック。これは70年代のペンタックス。

フォントがかわいい。

とても穏やかな雰囲気で撮影したので、写真にもその空気感が

あらわれていてしっとりとした素敵な写真が後日送られてきました。

仕上がりの写真はcatalogの方でアップしてるので

よかったらご覧ください!

路地裏散歩

  • Posted by: jun
  • 2017.05.24 16:16

kitaaoyamadanchiIMG_8669.png

こののどかな雰囲気、東京の郊外かと思いきや

なんと港区です。

港区にある、都営北青山団地。

東京は大都会の中にもこんなエリアがあるのが面白いですよね。

kitaaoyamadanchiIMG_8672.png

団地のなかにあった藤の木がこぼれおちるくらい満開。

窓の外にこんな立派な藤があるなんて、すごく贅沢な景色!

kitaaoyamadanchiIMG_8673.png

定番のつつじも綺麗です。

kitaaoyamadanchiIMG_8674.png

学校の用務員室みたいで懐かしい雰囲気。

ここは団地は関係無いけどこのエリア一帯が古い建物しかなくて

時間がゆっくりと流れていた。

kitaaoyamadanchiIMG_8676.png

電車やタクシーに乗らずにたまには裏道を歩いてみるのも

いいものです。