Home > diary

diary

夏休み

  • Posted by: arakawa
  • 2019.08.25 17:17
  • etc

こんにちは!先月の夏休みのことを...

 

1週間の夏休みをいただいて実家がある三重県に帰りました

とっても好きな伊勢神宮で参拝...やっぱり落ち着く空間と平日で人も少ない方だったのでスムーズに!

 

mahoaraimage2.jpg

 

おかげ横丁で食べ歩きして、この日は梅雨明けぐらいでとっても暑い日だったので、夏限定の赤福氷もしっかり食べました。

 

mahoara2image3.jpg

冬はぜんざいに変わりますが、夏の期間中に三重県にいくことがあればぜひ!

 

中に赤福が入ってて、甘いものが好きな人にはたまりません~

 

久しぶりの伊勢神宮はリフレッシュされて最高でした

夏にかざる緑

  • Posted by: izumi
  • 2019.08.11 16:16

rikuizumi190811.jpg

暑いので、外に出るのも億劫な休みの日

この日は朝から撮影で、あらちゃんとお昼を食べて終日フラワーに寄りました

青いのはケイトウ(鶏頭)と言って文字通り、鶏の頭のとさかみたいなのに似てるからだとか

青く染めているみたいですが、青ってとても涼しい気分になりますね

今回は目からの涼しさを求めて、緑を中心にお願いしました

いい天気の日でした 洗濯物も一瞬で乾くので嬉しいです

壺はOFFでもやったマーケット zingzing×shiroyamaが fimika uchida storeでpop upをしていた時に買ったもの

rikuizumi108112.jpg

とても綺麗なんですよ

喜びながら持って帰る泉の図 笑

rikuizumi1908113.jpg

置物としてもとても可愛いですが、やっと花を生けることができて嬉しいです

バルセロナvsチェルシー

  • Posted by: riku
  • 2019.08.09 12:12
  • sports

rikuriku08092.jpg

先日、オーナーの酒井さんのお客さんと一緒にこの試合を観に行かせて頂きました。

サッカーファンなら誰でも知っているスペインとイギリスの超名門の試合が日本で観れるという滅多にない機会でした。

FCバルセロナといえばあのメッシがいるチームですが、メッシやスアレスは来日せず、、

それでも観に行って良かったと思いました!

rikuさっかー2 (2).jpg

最後に画質最悪のランパード監督を。。

rikuさっかー2 (1).jpg

生ランパードが見れただけでも感激でした。笑

せともの市

  • Posted by: utsugi
  • 2019.08.08 18:18
  • etc

休みの日にぶらりと人形町まで足を運びました。

目的は酒井さんのお客さんが働いているコーヒーショップで珈琲豆を買うこと!

ついでにケーキも頂いてまったり。

kurumiseto3.jpg

ケーキもお店で手作りしているそうでとってもおいしかったです!

『UNISON TAILOR  Ningyocho』おしゃれでおいしいドリンク盛りだくさんのおすすめコーヒーショップです♪

 

ショップに向かう途中、なにやら道が賑わっていてお客さんに聞いてみると

年に一度の『せともの市』が開催されているとのこと。

軽く見て帰ろうと思ったのですがあまりにも安くてかわいいので買いこんでしまいました。笑

 

kurumseto2.jpg

購入したきらきらのもの。

kurumiseto1.jpg

風鈴、サラダボウル、ハートの小皿。

豆皿もたくさんありかなり見応えがありました!

来年はもっと時間をかけて買い込みたいと思います!!笑

あまり行ったことのない街にふらりと立ち寄るのもいいものだなと思いました。

GOMA展

  • Posted by: utsugi
  • 2019.07.31 18:18
  • art

 

ディジュリドゥ奏者・画家として活動しているGOMAさんの絵画展に行きました。

kurumigoma1.jpg

ディジュリドゥとはオーストラリアの先住民アボリジニの金管楽器で

『世界最古の管楽器』と言われている楽器。

GOMAさんは交通事故による脳損傷を受け、突然緻密な点絵画を描き始めたそう。

 

その絵が何とも言えない魅力があって絵の中に吸い込まれそうな感覚になります。

 

kurumigoma3.jpg

kurumigoma29.jpg

 

実際に近くで見ると点ひとつひとつに命が宿っているような生々しさがあり、

言葉に表すのが難しいのですが何か自分の本能的な部分に訴えてくるような妙な感覚になりました。

展示は終わってしまったのですが谷川俊太郎さんが書き下ろした詩画集があるのでぜひ見て頂きたいです!