Home > diary

diary

ヘアアレンジHow to

  • Posted by: honami
  • 2018.03.12 18:18
  • etc

簡単なようで意外とコツがいる、ゆるく結ぶということ。

 

モデルさんにやってもらいながらHow to写真を撮りました!

honahonahonaIMG_8255.jpg

 

ゆるく結んで結び目にリボンを付けただけのシンプルなアレンジ。

 

このゆるっとくしゃ感が慣れていない人には難しいよう。

分かりやすく、解説したいと思います!

 

①まず、全体を巻きます。

 私的には毛先は外はねに巻くのがオススメ。

 (巻くのは面倒、上手くできないという方には絶対パーマがおススメです!!)

 全体は縦巻きで適当に巻くのですが巻くのは表面と顔周りのみでOK。

 このあとしっかりワックスまたはオイルをなじませてください。

honahonahonaIMG_8349.jpg

②下の方で一つに結びます。

 結んだ束の毛先を2本に分けてぎゅっと引っ張ります。

 こうすることで後頭部の髪が少しぐしゃっとなります。

honahonahonaIMG_8279.jpg

 

③後頭部の髪を細く指先でつまんで引っ張り、くしゃっと感を出します。

 これを4~5か所ひっぱり毛束を出します。

 このとき、もう片方の手で結び目をしっかり押さえておくとやりやすいです。

honahonahonaIMG_8297.jpg

 

④お好きなリボンやバレッタなどをつけて完成です!

honahonahonaIMG_8267.jpg

 

honahonahonaIMG_8260.jpg

 

一番基本でありシンプルなアレンジ方法です。

この、③の毛束を出してあげるのが一番のゆるっとくしゃっと感を出す方法だと思います!

これはお団子へアとかハーフアップとかでも応用できるので

いろいろなアレンジに使ってみて下さい!

 

これからヘアアレンジを載せる際はちょこちょこやり方も一緒に載せていければと思っています♡

可愛いクセっ毛

fujifuji0830_veri (003).jpg

ヘアメイクをさせていただいてるveritecouer

カタログの写真、素敵なので載せます。

モデルさんの髪質すごく好みでした。

広がる感じで、毛量も多いのに様になるのは、毛質が細いのと柔らかい色味だからかなと。

 

あー可愛いです。

ドライな質感好きです。

日本人の髪質で硬い人も、髪色を透明感のある栗色にすると柔らかく見えてよいです。

fujifuji0830_veri.jpg

fujifujiIMG_4681.jpg

カールバージョン。

ボリュームが収まんないくらいの感じが可愛い

バランスをとる位置で雰囲気がぐっと変わります。

これくらいウエーブのあるパーマも、日本人でも似合う人は似合う!

ロングヘアで、全然おろさなくって結んでばっかり!の人にはオススメです。

fujifujiIMG_4682.jpg

fujifujiIMG_4683.jpg

fujifujiIMG_4678.jpg

崩れたような、ぐしゃっとした髪の毛もまた可愛い。

やっぱロングヘアも好きです!

ヘアメイクの楽しみ

  • Posted by: izumi
  • 2018.03.09 12:12
  • beauty

お友だちのブランド、MARU TOのルックの撮影のヘアメイクをさせていただきました。

前回がブランドスタートで、ふたりで試行錯誤しながら作ったBook。

今回はまた新たなチームでつくることができてとても勉強になりました。

撮影オフショットを少し。

MARUTOデザイナーのゆきちゃんとモデルのユリアちゃん。

hohohonamiizumi1803094.jpg

仕事してる風の私。

いやいやちゃんとやっております。

こういうときは前の日から寝れないくらい心配性の泉です。

最近はどうやったら収まりよく、なおかつあまりウエットに見えないかということを考えながらスタイリングしています。

その人にあったスタイリングは難しさもあり、可能性はいっぱいなので楽しいです。

hohohonamiizumi03093.jpg

ルックができあがったらもう少し詳細を載せたいと思いますので!

ウィービングでハイライト

  • Posted by: honami
  • 2018.03.08 20:20
  • etc

 

いつもの1トーンのカラーに飽きたときや動きがほしいときには

ウィービングでハイライトやローライトを入れるのをおすすめします! 

  

hohohonamiIMG_8102.jpg

 

これはブリーチなしのハイライトカラー。

 

ハイライトを入れる時のやり方として2パターンあります。

まず、ウィービングでハイライトの部分を細くスジ状に取ってブリーチで明るく抜いてからもう一度全体にカラーをするやり方。

これはハイライト部分のベースが一度金髪になることによって、より透明感が出るという事とベースの髪色との陰影がよりはっきりつきます。

しっかり目立たせたい場合や赤味のない透明感のあるアッシュなどにしたい場合はこちらがおススメです!

 

もう1パターンはハイライトの部分をブリーチではなく

カラー剤の明るい色で染めながら全体の色味を同時に染めるやり方です。

あんまりはっきり目立たせたくないけど少し陰影がほしいときやブリーチはしたくないな、という方にオススメです!

こちらのやり方だと染めたてはハイライトとベースの色が少しなじむのですが3~4日経ってくると徐々にハイライト部分の色が抜けてきて

いい感じに陰影がついてきます。

 

この写真の彼女は後者のやり方でカラーしています。

カラー後1週間に取らせてもらった写真です。

 

hohohonamiIMG_8101.jpg

 

よりナチュラルな仕上がりですがちゃんと陰影はつくので

アレンジなどしたときにすごく可愛い。

明るくなりすぎず、ほどよく透明感も出て陰影がつくので動きが出ます。

 

hohohonamiIMG_8100.jpg

 

髪質や毛量などによって細さや明るさのおすすめが違うので担当スタイリストに相談してみてください!

 

透明感

  • Posted by: fujimoto
  • 2018.03.08 17:17
  • beauty

春めいてきて、なんか、どーこか変化が欲しくなる春。

って毎年言ってる気がします。

今おすすめのは透明感のあるカラーリング。

 

fujifuji6E141C09-.jpg

 

ベースが暗い方、抜けにくい方は一度ブリーチか明るめのカラー剤で抜くのがオススメです。

一度のブリーチだとツヤ感は残って、透明感がグンと増すので

雰囲気が結構変わると思います☆

色落ちを楽しみたい方は少し濃い目にオンカラーして経過を楽しむのも良いです。

ブリーチだとダメージが気になる方もケアブリーチで、トーンアップするので

最小限のダメージでカラーリングします。

担当スタイリストに気軽に相談してみてくださいね。

 

写真のモデルさんは元々ブリーチを3、4回わけてしていて、明るめのベースに薄いベージュを載せています。

そして透け感のある髪の毛はシンプルなアレンジもとーっても可愛いです。 

fujifujiF71A21AA-.jpg

今回、やり方も写真で撮ってみたので是非参考にしてみてください☆

fujifuji4C54852B-.jpg

まずはベースの髪の毛。

写真は32ミリのコテで少し巻いています。

パサっとしやすい方はバームとオイルを揉み込んで束感を少し出すと良いです。

fujifuji8309E337-.jpg

耳は出さずに、下の方で結びます。その時髪の毛をひっつめすぎず、トップをピタッとさせすぎない。

fujifujiCD656231-.jpg

次に結び目のところです。

多めのバランスで巻きつけたいので、2センチくらいの束(イメージですが)とります。

fujifujiAF95F78D-.jpg

結び目に、下からコイル状に巻きつけます。

そのあと、ピンで縦にとめます。

この時のピンは見えても良いと思います!

アメピンが気になる方はゴールドピンと2本重ねてとめるとポイントにもなってよいです。

 

すごくシンプルなアレンジこそ、ベースのスタイリング剤をちょっとしっかり目に付けるのが

ポイントです。

透明感のあるカラーだとバームやオイルをつけて少しウェットになった

質感も可愛いので是非試してみてくださいね!