Home > diary

diary

映画を観る

  • Posted by: honami
  • 2018.01.17 17:17
  • cinema

 

今年の小さな目標のひとつです。

たくさん映画を観る。 

 

今年の年始は地元、滋賀県に帰っていました。

ここ最近のお正月は1日に映画館に行き(毎月1日は映画の日!)

おばあちゃんちに行き、母とお茶しに行ったりとダラダラ日々を過ごして

あとはひたすら家で映画を観て過ごしました。

これこそがお正月、太らないようにだけ気を付けて

これでもかってぐらいゆっくり過ごしました。。。

 

 

去年は観たいと思っている映画があってもタイミングを逃してしまったり、

あまりたくさんは観れなかったので

今回ゆっくり映画を観る時間がとれたのはよかったです。

 

新年早々は気持ちが暗くなりたくないのでなるべく

だらっと見ていられそうなものばかりを選んでました。

 

 

実家でAmazonプライムのファイヤースティックが導入されていて(笑)

邦画や洋画いろいろ観ていたのですが、その中で岩井俊二監督の

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

を、ものすご~~く久々に観ました。

 

hoooooYGCuoJdWPmzo7vumyfy6RFWDaUJeaC8BDhvEgo5w.jpg

 

高校生ぐらいの時に、花とアリスとかスワロウテイルとか、

岩井俊二監督の映画がすごく好きで観ていたころに観た記憶はあったのですが

大人になって改めてちゃんと見たらこんな内容だっけ、となる部分が多かったです。

 

まず、奥菜恵の美しさがすごい。 

 

hooooo7890da19895bf55f40a1a442719bd8b4.jpg

小学生の役なんですが、このとき14歳だったそう。

劇中のシーンで精いっぱい大人っぽい格好をして

「どう?16歳に見える?」と聞くときなんてもう、

それはもう言い表せない何とも言えない衝撃でした。 

 

hooooohoooooDHmIwQ3VoAAYa5D.jpg

 

どこかミステリアスで大人っぽいなずな(奥菜恵)。

それに対してまだまだ子供っぽい男子たち。

男の子同士のやりとりも、女の子の少しませた感じも妙にリアルで。

けっこう淡々と進んでいくし終わりも衝撃のラストとかもないけど

何とも言えない、胸のあたりが暖かくなる感覚を久しぶりに感じる映画でした。

 

この時期の岩井俊二監督の作品は特に

少年少女にしか出せない無垢な世界観が美しいなと思います。

最近の作品より個人的にはこの時期の作品が好きです。

 

去年たくさんは観れなかった分、今年は気になる映画は

なるべく見逃さないようにしたいと思います。

 

BGM20180117 / MONO

  • Posted by: sakai
  • 2018.01.17 16:16
  • music

いつもカットのたびにCDを持ってきてくれるお客さんがいます。
それがいつもいい。
年末にもらったのはこれ!
Brandi Ifgray 「STARGAZER」

京都の喫茶店

  • Posted by: fujimoto
  • 2018.01.13 12:12
  • eat

fujiIMG_2460.jpg

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

1月も、もう中旬。

毎年早い、早いと言っているので日々をカミシメテいきたいです。でも早いっ!

 

年末年始のお休みは、京都へ帰省しました。

久しぶりに行ったお店、喫茶店が良かったので紹介します。

31日、新幹線にのって京都駅へ。

京都駅で待ち合わせた友達と、そのまま市バスへ乗って河原町へ向かいました。

もう脳内BGMはくるりの「京都の大学生」。

歌詞に、206番来たから、とりあえずうしろに座った。バス、パリまで飛んでゆけ♪シャララ、シャンゼリゼ♪

って言うところがあるんです!

206番は京都の市バスの番号で、実際乗ったのは205番だったんですが、

おやすみ&京都に帰ったことの嬉しさあふれるスタートです。

 

はじめに、高瀬川沿いにあるカルドへ。

スパゲッティが美味しいお店で、トマト系からクリーム系、いろいろあって

ラストオーダー5分前に着いた私は、本日のおすすめトマトマッシュルームに。

写真は撮ってないのですが、美味しかったので是非!

fujiIMG_2519.jpg

fujiIMG_2522.jpg

その後、喋り足りない我々は、カルドから少し歩いたところにある喫茶店「築地」へ。

店内はロココ調?な雰囲気で、なぜ築地なのかは不明です。

ただ、1階にいた店員さんのあいさつが、築地風な粋のいい感じでした。

京都に住んでるとき、時々来ていて

今は外国人観光客も結構いてびっくりしました!

 

ケーキ、悩んで全部頼んでしまいました。個人的におすすめなのはチョコレートの2種です。

 

前ブログに書いた「フランソワ」もそうなんですが、

築地も大正時代にタイムスリップしたかのような独特の雰囲気が素敵で

でも店員さんは各々個性ある感じで、その良いカオス感もいいです!

そして私たちの止まらないトークも受け止めてくれる大きなお店です。

築地、ぜひ体験してみてほしいです。

  

京都に帰って、会いたい人に会えていいお正月でした。

fujiIMG_2684.jpg

fujiIMG_2523.jpg

新年会 in 酒井家

  • Posted by: jun
  • 2018.01.11 13:13
  • eat

shinnenkaiF6248592-.png

美味しい餃子の皮があるよ!とのことで

先日酒井家で友達夫婦とやった新年会。

メニューは餃子、栃尾の油揚げに納豆を挟んだもの、

じゃがいもの千切り炒め、ミャンマーサラダ、アメ横で買ったオイキムチ。

はっきり言って、今すぐ同じメニューをもう一回やり直したいくらい

美味しかった!

shinnenkai8EA6988F-.png

4人で60個くらい食べたかな?

餃子と油揚げは友達夫婦作です。

2回目に焼いてくれたこの焼き加減、最高です!

見た目じゃわからないけど、普通の餃子とパクチー餃子の

2種類あります。

shinnenkaiD5CD57BF-.png

栃尾の油揚げは新潟出身の人ならみんな知ってる、大きな

油揚げのことです。

油揚げを半分にスライスして間に味噌を塗って

ひきわりの納豆を挟んでからトースターで焼くだけ。

この日は切らしてたので乗せられなかったけど

鰹節をかけて食べるとさらに美味しい。

そして、写真の奥に見えるミャンマーサラダは

お店にも置いている飯島奈美さんのレシピで作ってみました!

すごく簡単ですがワンランク上のサラダの味がして

定番のサラダにしたいくらい美味しかったー!

shinnenkaiFullSizeR.png

参考までにレシピのせておきます。

せりとクレソンを組み合わせるのは自分じゃ思いつかないなー。

今年はお料理もちょっと頑張りたい気分です。(いつまで続くか。。。)

tooth paste

  • Posted by: utsugi
  • 2018.01.10 21:21
  • beauty

 

 

最近、オーガニックのコーナーで発見した歯磨き粉。

 

 kurumiIMG_5090.jpg

 

 

可愛いパッケージで輸入品かと思ったのですが実はメイドインジャパン。

愛媛県の内子町という町から生まれたROBRANGというブランドで、

内子町で採れる柚子やかぼすの仲間、『じゃばら』の成分を使用してるそうです。

じゃばらには抗アレルギー成分が含まれていて、花粉症にも効果があるとか・・・!

 

私は歯磨き粉特有の清涼感の強すぎる感じが苦手なのですが、ROBRANGのものは

ミントの爽やかさの中に柑橘のさっぱり感がとてもマッチしていて優しい洗い上がりなのでとても気に入ってます!!

おすすめです♪