Home > diary

diaryArchive "cinema"

14周年を迎えました

おかげさまで14周年を迎えることができました

代官山に移転して2年半が経ち少し気持ちに落ち着きが出ました

今回はそのお祝いをスタッフで過ごそうと思い

みんなで一日を共有することに

3部構成にした第1部はお店のバルコニーで手作りランチ

s20150518lunch1.jpg

<メニュー>

グリーンサラダ 野菜の浅漬け 鶏の唐揚げ アボカドディップ

サンドウィッチ2種類

(チキン、セロリ、レーズンのカレー風味)

(イチゴ、キウイ、パイン、黄桃のフルーツサンド)

みんな料理が上手で毎回感心する

 s20150518lunch2.jpg

泉ちゃんちょっと顔色悪いね・・・

実は前日から急性胃腸炎になり、頑張って来たんだけどね・・1部でダウン・・・残念

ランチの後はコーヒーブレイク

第2部は代官山蔦屋まで散歩し好きな本を選びのんびり過ごす

s20150518book1.jpg

<book select>

左から

早津 X-Knowledge HOME

酒井 伊丹十三記念館 ガイドブック

村島 地平線の相談 細野晴臣 星野源

岡本 夜と霧 ヴィクトール・E・フランクル

大熊 世界から猫が消えたなら 川村元気

泉 (おそらく自宅で寝てる)

広い蔦屋で15分で選ぶ出会いと思考、面白いですね

s20150518book2.jpg

さてコーヒーブレイクの後はお店に戻り

第3部 OFFシネマへようこそ

<上映作品>

1991年フランス映画

レオス・カラックス監督 「ポンヌフの恋人」

前々から使いたかったちょうど良いこの壁

s20150518cinema1.jpg

s20150518cinema2.jpg

92年日本上映当時 上は酒井17歳 下は岡本3歳だった・・・

世代を超えジュリエット・ビノシュの髪型の可愛さに悶絶するOFFスタッフ一同(泉ちゃんも追って観るように)

以上の3部構成でした。

普段、同じの職場で過ごして共有してるつもりでも、なかなかしきれていないもの

仕事モードから少し離れて<食、思考、感性>を共有してこれからますます頑張って行ってほしい彼女らに何か感じ取ってもらえれば良かったと思います。

来年の15周年はみなさんに何かできたらと思っております。(最近CDないですねとちらほら言われ始めた・・・)

これからもOFFをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

匂う、通り過ぎる人生の匂い。

  • Posted by: honami
  • 2015.02.02 12:12
  • cinema

60'sのチェコ映画を観ました。

ずっと観たくて、でもTSUTAYAにはVHSしかなくて・・・

その話を友達にしたら持っていると!

 

念願の、です。

 

邦題は" ひなぎく "

h-hinagiku2.jpg

はちゃめちゃな主人公姉妹の物語です。

h-hinagiku.jpg

h-hinagiku4.jpg

部屋で火をつけて遊んだり、

パーティ会場でシャンデリアに乗って遊んだり。

h-hinagiku5.jpg

自由奔放な彼女たちの姿はとっても可愛らしい。

 

それと、なんといっても描写がすっごくかわいい!

メイク、衣装、セット。

 

何から何までぜーんぶがツボでした。

 

ヘアスタイルもださくて可愛い♡

 h-hinagiku3.jpg

匂う、通り過ぎる人生の匂い。

作中の台詞のひとつです。

  

たぶん、どこにもレンタルはVHSのみだと思うのですが

観る機会がある方は是非、観てみてほしい1本です!

男でも好きなピンク

新年を迎えてから撮った写真を見るとピンクが多く

気になってる模様です・・・

20150113IMG_7547.jpg

2015年が舞台のBack to the Future 2 のホバーボード

20150113IMG_7554.jpg

ダリア

20150113IMG_7557.jpg

小桜インコのウメ

20150113IMG_7560.jpg

ST.CATのイヤリングとピアス入荷してます。

about time

  • Posted by: izumi
  • 2014.12.25 17:17
  • cinema

 

ポスターのメアリーの笑顔がとてもステキ。

iizumi.jpg

abouttime~愛おしい時間について~

SF恋愛映画、タイムトラベルと聞いてこのポスターで

どんな大事件や、戦闘ものになっているのかと見てみると

ブリジットジョーンズの日記や、ラブ・アクチュアリーの

リチャード・カーティスが監督だったのでとても可愛らしく暖かいロマンティックコメディ映画でした。

izuuumi.JPG

メアリーはこの方。

ヒロインのメアリーを演じたレイチェル・マクアダムス。

君に読む物語、ミッドナイトインパリにも出てました。

やぼったさの残る女の子ですが、笑顔が本当に素敵でした。やぼったいのも可愛い。

お話はふと父親に聞かされた先祖代々受け継がれてきた、タイムトラベルという力。

ただしタイムトラベルできるのは過去にだけ。

気になる子と出逢い、結ばれるために何度も時間を巻き戻したり。

メアリーと結ばれる為にタイムトラベルをフルに使うのでした。

 ooizuumi.jpg

恋愛、家族が大きく描かれているこの作品。

映像と音楽もとても綺麗だし、なによりタイムトラベル映画でありながら

とても身近に感じる物語でした。

 

ドーン!がっシャーン!ワープ!なんってのは出てこないのであしからず。

私のただの思い違いでした。

 

 

エイプリルの七面鳥

  • Posted by: honami
  • 2014.12.05 17:17
  • cinema

最近観てかわいかった映画。

"エイプリルの七面鳥"

20110429_1903440.jpg

昔から問題児だったエイプリル。

母親と仲が悪く家を飛び出してから疎遠になっていたが

感謝祭の日の少し前に母親がガンで余命わずかだということを知り

ずっと会っていなかった家族を感謝祭の日に家に招待することに。

料理が苦手ながら一生懸命に作るエイプリル。

七面鳥を焼くことにしたけどオーブンが壊れていた・・・

アパートの住人たちに協力してもらうことにしたが果たしてエイプリルは無事

家族を招くことができるのか・・・?

april2.jpg

April.jpg

どれだけ喧嘩してソリが合わなくても、離れていても、

家族の絆はそれ以上のもの

img_0.jpg

ec1a9e1c881f932066ec81aac78c8e8e.jpg

エイプリルの髪型や、ファッションや、家がかわいい。

家族って、人の温かさっていいなあと思えるストーリーでした。