Home > diary

diaryArchive "cinema"

マザーウォーター

  • Posted by: izumi
  • 2015.12.24 19:19
  • cinema

久しぶりに映画の話です。

ふと見ようと思った何度も見たことのある映画。"マザーウォーター"です。

oko-izumi1227.jpg

かもめ食堂を初めて見たときに、こんな雰囲気の映画をもっと見たいと

探して、同じ監督とほぼ同じ役者さんの出てる、マザーウォーター

マザーウォーターなんだか好きです。京都で撮影されているので、懐かしさもあるのでしょうか。

京都という言葉は出てこず、この街と本編では表現されているので、見終わるまで気づかなかったことを覚えています。

とくに何が起こるわけでもなく、人々の暮らしを描いているだけなのにいいんですよね。

出てくるごはんも美味しそうなのでお腹が減ります。落ち着きます。だらーっとした気持ちになります。

でも、見終わってからちょっと外に出てみようと思います。

小林聡美さん演じる、ウィスキーバーをやっているセツコがよくいう言葉。"適当"

とても人が見るとこだわりのあるように見えるのにセツコは適当といいます。

洗練された感じで、芯のあるように見えるのに、そういう風に言ってのけるのがかっこよく見えました。

そんな女性に憧れがあるのかもしれません。

もたいまさこさん演じるマコトのよく言う言葉。"今日も機嫌よくやんなさいよ"。

この言葉が頭に残って、外に出ようかなと思えるのかもしれません。

はじまりのうた

  • Posted by: izumi
  • 2015.06.29 21:21
  • cinema

asu-izumi0629.jpg

ニューヨークに行く前の私にはぴったりの映画でした。

ブルックリンがロケ地と聞いて楽しみにしていたんですが、

こんなに音楽で幸せな気分になれる映画だと思っていませんでした。

私的には、上半期ベスト3には入るお気に入りです。

主演のキーラ・ナイトレイ。彼女の自然体な姿と優しい歌声に癒されました。

キーラが出会う事になる油っぽい音楽プロドューサー役のマーク・ラファロ。

彼とキーラはスタジオが借りれないために、ブルックリンの町のいたるところで

野外レコーディングをするのですが、これがよかったー。

asu-izumi06292.jpg

ボランティアで集めたバンド仲間たちと、その辺で遊んでた子供たち。

遊び声が邪魔になるので、レコーディングに参加してもらうこのときの曲もよかった。

こうやって、街中のいたる騒音を音楽に取り込んで巻きこんでいくレコーディングの様子がきらきらしていて

すんごく楽しそうで、ニューヨークにかなりびびっているあたしでさえも、

ほんとに街中でこんなのがやってたら面白いのになーっと思っちゃいました。

こんなことに遭遇したら、まず間違いなくおかちゃんはノリノリで参加することでしょう。

私はそれを、いいないいなって少しづつ近づいていきたい気づいて!と思っていることでしょう笑

あしたから行くニューヨーク。

いっぱいハッピーなことに出会えたらいいな~と思わせてくれた映画でした。

気になる映画とインスタグラム

  • Posted by: izumi
  • 2015.06.20 16:16
  • cinema

先日、渋谷の映画館uplinkで映画を観たあと、

ロビーに今一押しの映画紹介がしてありました。

グザヴィエドラン主演のエレファントソングです。

愛されることを強く求める青年と、

彼に翻弄されながら真実を追う精神病院職員との緊迫の心理サスペンスです。

まだ見ていない映画を紹介するのもなんですが、

そこに飾られていたこのグザヴィエドラン本人のインスタグラムが

ずらーっと並べられていたのが素敵で、見入ってしまいました。

ok-izumi0620.jpg

若い映画監督として最近では私はロランスなどの監督もしている彼が

脚本を読んで、これは僕だ!と出演を熱望したそうです。

壁一面のインスタグラムの写真が携帯で見るのとはまた違った、

ポラロイド写真のように絵として完成していて、とてもよかったです。

hairもいろいろで男の人スタイリングも参考になりそうです(´`)

私個人でも、お店OFFとしてもインスタグラムをやっているんですが

こうやって並べたときに見応えのあるものになっているのかなあと、考えてしまいました。

お店のインスタグラムは、HPのカタログに載せている、

各スタイリストが作品撮りをしたものやお店のことをアップしているので、

私たちの好きなスタイル、などなどが気軽に伝えられる場所だと思っているので

お店のインスタグラムもよかったら見てみてください~。

ok-izumi0621.jpg

   @OFF.HAIRSALON

BGM20150530 / Journey Through the past

映画「インヒアレント・ヴァイス」のサントラに大好きなこの曲

neil young

70年代の浮遊感はいい

B級映画さながら

最近の作品撮りの日は天気に恵まれています~。

はい、酒井さんの作品撮り今月パート2です。

いつもお世話になっているモデルさん、森さんにご協力いただき

テーマは映画のワンシーン。

ちょこっと撮影のひとコマですが、ある映画の女性を参考にしています。

okk-izumi05285.jpg

okk-izumi05284.jpg

めちゃくちゃ暑かったこの日。

森さんが座っているこの場所も実はとんでもなく暑かった!

頑張っていただきました~。

森さん、私(泉)、酒井さん。実は地黒ならぬ地白なので、焼ける焼ける!と

はしゃぎながら撮影していました。

okk-izumi05282.jpg

こちらは、B級映画のもっさり感をだしたいということで、洋服のスタイリングをどこか

オタクっぽいイメージで酒井さんが用意してくれたのですが、こんなにさらりと似合うなんて。。

私が着たら、ゲーマーの引きこもりみたいになりそうなのに、、。

朝の透き通った光と晴天もすごくいいけど、夕方のどこかくらーい、哀愁を感じる中でも

撮れたらいいなあと思う泉でした。

また近々できあがりをUPしますね!