Home > diary

diaryArchive "cinema"

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2019.04.05 18:18
  • cinema

 

最近観た映画。『KIDS』

1995年公開、写真家のラリー・クラークが監督に脚本にハーモニー・コリン、

制作総指揮がガス・ヴァン・サントというとんでもない映画です。

ずっと見たかったのですがDVDが廃盤し、レンタルもなかったので半ば諦めていたのですが

なんとデジタルリマスター版が発売し、やっとお目にかかれました!

 

くろえ4.jpeg

 

NYに住むティーンエージャー達のあまりにもリアルな視点で描かれた青春映画です。

ラリー・クラークはNYのストリートカルチャーを撮り続け、自身も若い頃ドラッグに溺れていたそう・・・

まるでドキュメンタリー映画を観ているかのように生々しく、

公開当時映画に登場するヴァージンキラー、テリー役の俳優さんがノンフィクションだと勘違いした人に攻撃されそうになったこともあるとか。

 

 クロエ5.jpeg

誰もが持っていた10代のころのきらめきとまだ加減知らずな

闇の部分とかかなりぐっと、くるものがありました。

 

そして何よりこの作品でデビューしたクロエ・セヴィニ―の抜群の可愛さも見どころです。

クロエ2.jpeg

 

ショートカットの前髪をぴたっとさせてるスタイリングもかわいい・・・

観た後はブルーのTシャツが欲しくなりました。笑

90年代カルチャーに興味のある方はぜひ!

今日からブログを書かせて頂く事になりました。

入社して少し時間が経ちましたが、今日からブログを書かせて頂くことになりました !

名前は志村明日香といいます。

最初の記事ということで、少し自己紹介させてください!

出身は岐阜県多治見市というところです。

何度か日本一暑い場所ということでニュースに取り上げられていたので、耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

焼き物が名物でタイルのミュージアムがあったり、

美濃焼でつくられた食器がたくさん売られています。

また、喫茶店も多くゆったりとしたいい時間を過ごせます!

image1.jpeg

ここはおばあちゃん家から徒歩3分のところにある喫茶店。

shimuimage3.jpg

ここは駅の近くにあるお店。壁の絵がかわいい♡

オーナーこだわりのお店がたくさんあるので、詳しく別の記事で紹介させてください。

喫茶店だけじゃなく、新しくおしゃれなカフェがどんどん増えていて、地元に帰るのが楽しみになっちゃいます!

自然もいっぱいで、過ごしやすいこの町が好きですし、

これからもっと発展していくんだろうなあと思います。

もっともっといいところをたくさん見つけていきたいです!

趣味は映画鑑賞、フィルムカメラ、雑誌や洋書をみること、麻雀などです。

映画は、

最近はホラー映画を観ることにはまっていて、友達といつも夜中に鑑賞会をしています。

最近の中でおすすめは 『It Forrows』です。

怖いだけじゃなく、考えさせられる映画なんです。

デビット・ロバートミッチェル監督の作品は個人的にとても好きです。

アンダー・ザ・シルバーレイク、アメリカンスリープオーバーもホラーではないのですがオススメです!

他にもまだまだ観たことないホラーがたくさんあるので、おすすめがあれば教えてください!

ホラー映画以外にもジャンル問わず観ます!

最近、プロジェクターを買ったので、もっとお家で映画鑑賞ができればなあと思っています。

shimushimu_8203.jpg

皆さんのおすすめがあればたくさん教えてください!

あとは、フィルムカメラも麻雀もまだまだ初心者なので、もっとうまくなりたいなと思っています!

詳しい方はぜひたくさんお話して教えて下さい!

これは自分で撮った写真たちです♡↓

shimuIMG_5597.jpg

shimuFullSizeR.jpg

shimuIMG_0214.jpg

shimuIMG_8664.jpg

東京に上京してもうすぐ一年ですが、まだまだ知らないことや、やってみたい事がたくさんあるので、

お客様にたくさん教えて頂きたいです!

OFFに来てくださる方と楽しい時間を過ごせたらなあと思っていますので、

何回かお会いしている方も、まだお会いしていない方も、これからどうぞよろしくお願いします!

私的、ボヘミアンラプソディー

  • Posted by: izumi
  • 2019.01.23 17:17
  • cinema

去年と元旦、2回見たボヘミアンラプソディー

観た方も多いと思いますが、私の感想を少し

fujifujiizumi190124.jpg

クイーン世代じゃない私は、有名な曲は知ってるかなくらい

タイトな白のタイツを着てる人、が私のフレディのイメージでした

純さんにすすめてもらって一人で観に行った初回

ストーリーはありがちかなと思ったけど、そんなにファンでもない私でも知ってる曲の数々に鳥肌が立つし、

途中からこの人エイズで亡くなったんだっけ、、と思い出してからは涙が止まらなかった

波乱万丈の人生ではあるけど、ここまで胸に来るのは少なくとも私はクイーンの曲によるものだと思う

ロックなのに、なんてドラマチックな音楽を作る人なんだろうと 劇場型?

今でもクイーンの曲をCMやらなにやらで聴くせいで、

フレディは5年程前に亡くなったとばかり思っていました

中学のときの英語の授業でクイーンのI was born to love youを聴きながら穴埋めしたり

高校のときの文化祭のクラスの出しものでDon't stop me nowで踊ったりとか

意外と私の学生時代にもなじみがありました

見終わってからと言うもの、実在した人なのでエピソードがたくさんあってさらに夢中になり

パンフフレットに出てた、日本に来たときのボディーガード伊丹さんの話もよかったです

今は純さんにジムハットンの本をお借りしているのでまだまだ余韻はつきあせん

ファッションが教えてくれること

  • Posted by: izumi
  • 2018.10.22 15:15
  • cinema

映画『ファッションが教えてくれること』

私が学生時代に公開されたこの映画は、地元の京都にいたころに雑誌で公開予定とかかれていました

どこでやるのかとSNSなんて言葉なかったころ( 少なくとも私の周りではmixiくらいしかなかった )

調べまくったけど、私の地元では上映されず、東京の映画館で上映されるとのこと

やっぱり東京か、とさみしくなった記憶があります

最近になってそんなことを思い出し、改めて観れたこの映画

アメリカ版VOGUEの編集長アナウィンターのドキュメント

その中で、映っていたのはまだ若かりし頃のアナ

izumi181022.jpg

ぼてっとしたぱっつんボブのイメージだった彼女のこんな時代があったとは

めちゃくちゃ可愛い、!似合うならやってみたいけど顔と髪質をかなり選ぶスタイルですね

アナの右腕のグレース・コディントンもすばらしい

なんてあの髪の毛が似合うんでしょう

ドキュメントは、ぴりぴり、ひやひやする空気がこっちにまで伝わってくるようなシーン満載

大人が本気でけんかしてる、、!と、この年になって感じました

(もちろん罵倒、殴り合いとかではないです、笑 どちらとも引きません、、!みたいなのがこっちがはらはら)

公開されてから10年くらいかな 

当時見てたらだいぶ影響されてそうだなと思いました

フランシス・ハ

  • Posted by: izumi
  • 2018.08.30 19:19
  • cinema

hooonanfujimotoizumi1808312.jpg

見始めてびっくり、まさか白黒映画だとは思いませんでした

アダムドライバーにハマったころ、お客さんに教えてもらってみたこの映画

まだ青年な彼はわき役で、目立たない役どころが良かったりする

同じ時期に観た"セブンティーンモンスターズ"は17歳のこじらせ女子のお話だったら

フランシス・ハは28歳のこじらせてる場合じゃない女子かなと

フランシスは見てるとあぶない、そわそわする 気持ちと言葉が違うことはよくあることだけど

まざまざと見せつけられると画面を隠したくなるくらい(^^;

見た時は28歳だったのでこういうぐるぐるしてる子をみて、どきどきしてました


hooonanfujimotoizumi1808311.jpg

ふたりの女の子がとても可愛くて、やりとりもとてもすきだったな~

ちょっと泉的に疲れたりもするので、たまに見返したい映画です (笑