Home > diary

diaryArchive "cinema"

ファッションが教えてくれること

  • Posted by: izumi
  • 2018.10.22 15:15
  • cinema

映画『ファッションが教えてくれること』

私が学生時代に公開されたこの映画は、地元の京都にいたころに雑誌で公開予定とかかれていました

どこでやるのかとSNSなんて言葉なかったころ( 少なくとも私の周りではmixiくらいしかなかった )

調べまくったけど、私の地元では上映されず、東京の映画館で上映されるとのこと

やっぱり東京か、とさみしくなった記憶があります

最近になってそんなことを思い出し、改めて観れたこの映画

アメリカ版VOGUEの編集長アナウィンターのドキュメント

その中で、映っていたのはまだ若かりし頃のアナ

izumi181022.jpg

ぼてっとしたぱっつんボブのイメージだった彼女のこんな時代があったとは

めちゃくちゃ可愛い、!似合うならやってみたいけど顔と髪質をかなり選ぶスタイルですね

アナの右腕のグレース・コディントンもすばらしい

なんてあの髪の毛が似合うんでしょう

ドキュメントは、ぴりぴり、ひやひやする空気がこっちにまで伝わってくるようなシーン満載

大人が本気でけんかしてる、、!と、この年になって感じました

(もちろん罵倒、殴り合いとかではないです、笑 どちらとも引きません、、!みたいなのがこっちがはらはら)

公開されてから10年くらいかな 

当時見てたらだいぶ影響されてそうだなと思いました

フランシス・ハ

  • Posted by: izumi
  • 2018.08.30 19:19
  • cinema

hooonanfujimotoizumi1808312.jpg

見始めてびっくり、まさか白黒映画だとは思いませんでした

アダムドライバーにハマったころ、お客さんに教えてもらってみたこの映画

まだ青年な彼はわき役で、目立たない役どころが良かったりする

同じ時期に観た"セブンティーンモンスターズ"は17歳のこじらせ女子のお話だったら

フランシス・ハは28歳のこじらせてる場合じゃない女子かなと

フランシスは見てるとあぶない、そわそわする 気持ちと言葉が違うことはよくあることだけど

まざまざと見せつけられると画面を隠したくなるくらい(^^;

見た時は28歳だったのでこういうぐるぐるしてる子をみて、どきどきしてました


hooonanfujimotoizumi1808311.jpg

ふたりの女の子がとても可愛くて、やりとりもとてもすきだったな~

ちょっと泉的に疲れたりもするので、たまに見返したい映画です (笑

David Hamilton

  • Posted by: utsugi
  • 2018.06.24 10:10
  • cinema

 

少女だけを撮り、独特の世界観で好きな写真家さん。

写真集は見ていたのですがOFFのDVDコーナーで映画もあることを知りました・・・!

写真も素敵ですが彼の撮る映像が言葉では表せないくらい素敵過ぎてため息の連続でした。

 

kurumihamilton1.jpg

『premiers desires』

 

kurumihamilton4.jpg

『愛と追憶のセレナーデ』

 

少し過激な表現もありますが少女の大人への憧れやまだ未熟で純粋だからこその美しさに

惹きつけられる作品が多いです。

 

作品全体の色合いも柔らかい色調が多くガーリー心をくすぐられます♪

 

風になびく髪、柔らかな光、うすいピンクや水色のバレエチュチュ・・・

女の子達がとにかくかわいいです。

 

kurumihamilton2.jpg

 

お店にも写真集があるので気になる方はぜひ見てください!!

 

ナポレオンダイナマイト

  • Posted by: izumi
  • 2018.06.17 19:19
  • cinema

映画続きですが、

fujiizumi180617.jpg

ご存知の方はご存知、ナポレオンダイナマイト。邦題 バス男

この映画は、なで肩にかなり目が行く。いけてない雰囲気を表すのになんでこんなに

なで肩が分かりやすいんだろうと。見てるとそこばっかり気になってきちゃうんです。

内容はよくある感じの、いけてない主人公が同じくいけてない友達ふたりと奮闘するお話ですが

いじめられっ子だけど、ねちねちやりかえそうとするところも面白いし、

女の子の髪の結び方もなかなかの懐かしくて好きだし、ペドロはつかめなさすぎるけど

かなり勇敢な男だし、おじさんも、お兄ちゃんも、お兄ちゃんの彼女も、とにかくいろんな人が出てくるけど

最終的にはみんないいひとだったのかもしれないと思える不思議な映画です。

いけてない少年ナポレオンが、なぜかジャミロクワイに見えてくる不思議。何とも言えません。

初夏に見たい映画

  • Posted by: fujimoto
  • 2018.06.15 15:15
  • cinema

fuji41NJ1K1XHTL__SY445_.jpg

 

好きな映画を久しぶりにまた見ました。

「リンダリンダリンダ」

初めてみたのは19歳か20歳の頃。

 

軽音楽部の高校生が、文化際直前、ギターの子の骨折をきっかけにケンカして

新しいボーカルを探すのですが、韓国人留学生のソンちゃんに声をかけて、、!

と言う話なのですが、

友達がすすめてくれたのがきっかけにみた映画。

見た時、キラキラした高校生の話じゃなく(その時は今ほどキラキラ系映画がなかったような。。漫画原作の映画ももNANAとかの時代です。)

手首に髪の毛結ぶゴム2本つけてるとことか

文化祭の始まる感じとか、髪の毛のレイヤー感。ちょっと細い眉毛。

ここは私の高校かな?ってくらい

心地よいリアルな感じがとても好きです。

 

ペ ドゥナ演じる、ソンちゃんの歌を聴くとなんか泣きそうになる映画です。

ほなみさんがブログに書いていた「君の名で僕をよんで」を見た時も

初夏に観てよかった映画だなと思ったんですが

リンダリンダリンダも、ギターやってなくても、勝手に夏にワクワクしたい映画です。

 

ちなみに私の高校最後の文化祭は黒人の高校生役で締めくくられました。

夏を楽しみたいです。