Home > diary

diaryArchive "shimura"

映画事情

  • Posted by: shimura
  • 2019.09.28 21:21
  • cinema

 

またまた映画のお話になってしまうのですが、最近アップリンクで2つ映画を観ました。

渋谷のアップリンクで「永遠に僕のもの」

asukaasuka20190908.jpg

吉祥寺のアップリンクで「ホットサマーナイト」

asukaasuka201909082.jpg

ロレンソ・フェロとティモシ―・シャラメ!2人ともくせ毛でなんかアンニュイでイノセントで、、すごい可愛かったです。

学生の頃こういう子で作品撮りをしたくて必死で探したんですが全然見つからなかったのを思い出しました。(笑)

こういうキラキラした青春映画も好きで、全部気になっちゃいます。

アップリンクではこういうのよくやってますし、椅子が疲れなくて好きで結構行きます。

吉祥寺のアップリンクは新しく出来てから初めて行ったのですが広くてカラフルで可愛かったです!

私が入ったシアターはOFFのトイレの壁みたいな模様になってました!♡

行ったことない方はぜひ行ってみて下さい! 

あと、映画を観る前に必ず使うアプリが「filmarks」というアプリで、

asukaasuka201909283.jpg

このアプリはほとんどの映画の情報が入っていて色んな人の評価が見れます。

自分の観た映画もクリップできて、評価もできるので私はそこに観た後に感想を書いています。

良かったら使ってみて下さい!

心に残っている映画

  • Posted by: shimura
  • 2019.08.31 20:20
  • cinema

 

映画「ヘザース/ベロニカの暑い日」 

shiiiimu201908312shimu.jpg

80年代のアメリカのスクール映画です。

高校生の時に観た映画で、当時の私には何もかもがドンピシャで忘れられません。

ウィノナライダーをはじめ出てくる登場人物が全員素敵でどの場面をとっても目の保養で、最初見たときは可愛いの暴力だと思いました。

ウィノナライダーが好きで観たのですが他の女優さんもかわいい。

shiiiimu201908313shimu.jpg

でもウィノナは別格で、黒髪のゆるゆるウェーブにとても憧れました。ほんとどんな髪型も似合う、、。

個人的には17歳のカルテの時の彼女も好きです。

映画自体は全体的に色味があってファッションが好きなアメリカの女の子っていう感じで

視覚的にはとても癒されます。

 

でも、

物語は全く可愛くない。

次々と人が死んでいきます。カオスです。

あの天使のウィノナが人を殺します。

視覚的な可愛さと物語のすさまじさがギャップで私は好きでした。

学園ものによくあるスクールカーストが要素で取り入れられています。

私も現実世界のヒエラルキーについて考えたりしますがウィノナ演じるベロニカに共感する部分が多くありました。

もしご興味あれば観てみて下さい。

olive

 

友達の家に大量にあるオリーブという雑誌を読み漁り。

あーなんでこの雑誌なくなったんだろう。

simu2019711.jpg

asushimu20190701.jpg

asushimu220190701.jpg

asushimu320190701.jpg

この雑誌の中のヘアスタイル、ファッションはもちろん、綴られている言葉や文章、

青春時代にこれを毎刊楽しみにドキドキしながらページをめくる女の子を想像するだけで素敵。可愛い。

スマホやインターネットなんかまだ今みたいに普及していなかったそのころの時代に青春時代を生きていたら、、と

たまに考えて羨ましくなったりする。

とにかくこのオリーブという雑誌は何年たっても女の子の憧れです!

ヘアアレンジ

  • Posted by: shimura
  • 2019.05.22 17:17

 

小学生の頃から人の髪の毛をさわるのが好きで、よく友達の髪の毛を三つ編みしてはほどく。三つ編みしてはほどく。を繰り返してた記憶があります。本当に暇さえあればずっと触ってました。(笑)

 

美容学生になってからは周りにアレンジの上手い子が多くて、お互いアレンジしあいながら刺激をもらってました。

今でも友達のインスタをみてはうまいなあって思ったりします。 

簡単なアレンジを紹介します。

sinshimura20190522.jpg

 

これは全体を巻いてスタイリング剤を付けてからアレンジに入ります。

髪の毛の左右を残して、中心の部分を一つにまとめます。

左右の残った部分をねじりながら巻き付けていきます。

左の毛束は結んである毛束の上から右側を通って巻き付け、

右の毛束は左側を通って巻き付けます。 

後はピンで固定して、ほぐすだけです。   

 

sakaishinimage2.jpg  

これは襟足部分を少し残して一つにまとめて、残した毛束をゴムに巻きつけてゴムを隠し、

少しほぐして毛先をワンカール巻いただけのアレンジです。

こんなに簡単でもインナーカラーが入っているだけで可愛くなります! 

 

sakaishinimage3.jpg

 

これは全体を二つに分け、片方ずつ上からねじっていき、下の方にいったらゆるく下ろしで三つ編みをします。 

両方同じようにしたら上に持っていきピンで固定します。

あとは全体を見てほぐします。

 

sakaishinimage4.jpg 

 

これはゆるく一つにまとめてゴムに毛束を巻き付けてゴムを隠し、

縛った毛束の一部分を三つ編みしてできるだけゆるくほぐし、毛束に巻きつけただけです!  

 

全部言葉で説明すると難しく感じるかもしれないのですが、

実際やってみると簡単なんです! 

全部シンプルなんですがほぐしとゆるさが最大限のポイントです。

自分でも簡単に可愛くアレンジできます!

是非やってみてください!

ホラー映画

  • Posted by: shimura
  • 2019.05.19 22:22

 

最近ホラー映画にハマっていて、まだ数少ないのですが観るようになりました。

ホラー映画好きの友達と一緒に家でみるか、映画館で観ることが多いです。

最近観たのは 「ラ・ヨローナ」という「死霊館」や「インシディアス」、「アナベル」、「ソウ」

などを手がけているジェームズワン監督の作品です。

sinimage1.jpg 

絶対に「水」があるところには近づいてはいけない。近づくと、、ていう感じです。

水は人が生活していくには必要不可欠なもの。だからこそ常にドキドキでした。

「ラ・ヨローナ」はジェームズワン監督らしく、「死霊館」や「アナベル」を感じるシーンがありました。 

やっぱり怖かったです、、、。

でもこの怖さが癖になるというか、はまります。 

この監督の作品は本当にホラーっていう感じで怖いので好きなのですが、

それとは別に登場人物の衣装に目がいきます。

子どもたちが着ている洋服は必ず可愛いくて、これどこかに売ってたらなあと思ってしまいます。

出てくる家もお洒落ですし、置物や細かい小道具もいちいち可愛い。

そういう細かいこだわりも好きなところです。

ぜひジャームズワン監督の作品を観てみて下さい。  

 

ホラー映画って神経が研ぎ澄まされるくらい引きこまれるんです。

恐怖感と怖いものみたさで常に高揚感がありますし、そこでアンテナがピーンと張っているからなのか、

急に感動するシーンが来たりすると一気に涙がボーンです!

すごく感情が忙しくて見終わったらどっと疲れますが、

満足感があるので、次も観たいなあと思ってしまいます。

映画好きの方から教えて頂いた映画もいくつかあるので、また観たいと思います。