Home > diary

diaryArchive "sakai"

BGM20180330 / I wouldn't change a thing

  • Posted by: sakai
  • 2018.03.30 14:14
  • music


Coke Escovedo (1976)

2018/01/07 session

今OFFのTOPページになっている作品を撮った日2018年1月7日

このための撮影というわけではなかったのですが、仕上がりがとても良かったので使用させて頂きました。

この日のモデルさんは12歳のライラちゃん

彼女はOFFのスーパーモデルハンター卯都木が街で声を掛けさせてもらったのがきっかけです。

スーパーロングの髪をバッサリとカットさせてもらいました。

せっかくバッサリ切るのでヘアドネーション用にまずカット。

IMG_3364.jpg

さらに撮影用に切り揃え、スタジオに移動です。

この日のメンバーはとても素晴らしい方々。

フォトグラファーは熊谷勇樹くん

スタイリストは山口翔太郎くん

2人の作品はとても刺激的で好きです。

なので気合いが入ります。

IMG_2888.JPG

山口くんが用意してくれた衣装はPERMINUTE

昆虫のサナギや蓑虫を想わせるシルエット好みです。

ライラちゃんの少女さとのアンバランスなバランスが効いてます。

デザイナーの半澤さんもありがとうございました。

cut05_001.jpg

小物使いも上手い熊谷くん

一応ヘアドネーション用の髪も持って来てたのを使ってくれました。

cut04_001.jpg

この日の熊谷くんのカメラは何とも変わっていてデジタルとアナログのミックス

デジタルのシャープさとフィルムの質感が絶妙です。

cut12_004.jpg

cut11_009.jpg

こうやって写真を並べてみると一連のストーリーが見えてきます。

改めまして皆様ありがとうございました。

Men's JOKER インタビュー

僕のじゃありませんよ・・・

WEBのMen's JOKERのインタビューのヘアを担当しております。

ここから見れます

20180201sakaiIMG_3191.jpg


NETFLIXで全世界同時配信中のDEVILMAN-crybaby-にハマりかけ中です。

卓球と旅人「今夜だけ」最高です。

Sound & Recording 2月号

少し前ですがSound&Recording 2月号の石野卓球さんの表紙と中ページの撮影のヘアを担当させていただきました。

僕は10年程前から髪を切らせてもらっています。

90年代中頃からテクノが好きになったきっかけの方なので、はじめて来た時は正直ビビりました・・・笑

今年で50歳、クリエイター人生35年という特集の中で担当させて頂きとても光栄です。

20180201sakaiimage1.jpg

20180201sakaiimage2.jpg

↓は昨年年末の祝50歳の地獄温泉♨

20180201sakaiIMG_2770.jpg

普段お店で話していても感じることもありますが、こうしてフロアを見渡していると老若男女を虜にする魅力ってものをしみじみ感じました。

ドイツといえばテクノ、テクノといえばドイツ

さて今年はどこに旅に出よう??

新年を迎えたばかりですが頭の中をよぎります。

昨年はベルリンに行きました。

その時の記事はバウハウスのマイスターハウスのことをチラッとしか載せてませんでした。

もう一つの旅の目的は音楽です。

半年ほど過ぎてしまいましたが、お付き合いください。

ドイツといえばテクノです。テクノといえばドイツです。

90年代後半に差し掛かる頃、僕の頭の中はテクノでした・・・(笑)

と言っても過言ではなく給料の半分近くをテクノのレコードに注ぎ込む時期もあったほどです。

若かったので、金土だろうがクラブにも遊びに行き、自身もDJをやるなどしてどっちが本業だ?と一見感じですが、DJでの稼ぎは全くなかったので・・・やはり美容師ですね・・・笑

その当時に仲良くなった人たちは今でもたくさんお客さんとして来てくれているし、さらに広がったりして好きなことで出会った人たちとこうして繋がりがあることはとても幸せなことです。

話は戻りますと、ベルリンでの目的はクラブとレコード屋に行くこと

普段そんなに一生懸命調べないのですが、やはりこういうことになると違ってしまいます・・・

行きたいレコ屋、クラブは早い段階からリサーチして心躍らせていました。

ひとつめのレコ屋はOYE Records

sakaiberlin2017IMG_0416.jpg

ここはダンスミュージック全般を扱っていてディスコ、リエディットもの、ハウス、テクノを主に掘ってたんですが、時間がいくらあっても足らなかったです・・・

そして2件目はテクノといえばここHARD WAX

エレクトロミュージック全般なのでハウス、ダブ、ベースミュージックもあります。

ロケーションだけでもテンションが上がります。

どこにあるんだ??ここかな??こんなところに??というロケーションはOFFにも通ずるところもありワクワクして好きです。(昔のOFFを知ってる方は体現されてると思いますが)

sakaiberlin2017IMG_0636.jpg

入り口には土曜の目的のパーティーのポスターが!

テンションあがるメンツです。

sakaiberlin2017IMG_0638.jpg

本当はもう1件SPACE HALLにも行きたかったのですがね・・・うまいこと組み込めず・・・断念。

昼はレコ屋そして夜はクラブです。

金曜の夜、夜中24:30頃アパートを出て夜中でも動いている地下鉄でTRESORへ

sakaiberlin2017IMG_0650.jpg

到着1:00

この行列・・・しもうた・・・やってもうた・・・

42歳のおっさん一人で並ぶ・・・

sakaiberlin2017IMG_0657.jpg

でも思ってたより早く30分程で入れました。

sakaiberlin2017IMG_0659.jpg

ここは東西の壁が崩壊し91年に廃墟にできたクラブでユースカルチャーの世界的ムーブメントとしてテクノが爆発的な広がりを見せる中心となったクラブです。

Globusという緩めなハウシーな曲が中心の天井高くて洒落たフロアと店名のTresorというハードテクノが流れ、暗くて天井低くて湿っぽいフロアと2つに分かれています。

GlobusでアルゼンチンのアーティストAlejandro MossoがLiveがあったのが目的でした。

結構広いのであれだけ並んでても程よい混み具合

sakaiberlin2017IMG_0663.jpg

sakaiberlin2017IMG_0664.jpg

Live後にTresorに移動

この時間にはちょうど日本人アーティストTakaaki Itohさん

先ほど言ったようにコンクリでできた天井低くて、暗くて湿っぽいフロアにハードミニマル!

これぞテクノ、ベルリンと90年代にタイムスリップした感覚

sakaiberlin2017IMG_0680.jpg

真っ暗にスモーク、フラッシュライトのみで人ぎゅうぎゅう

最近では日本では見れない光景。

最高です。やはりいいです。

sakaiberlin2017IMG_0688.jpg

日にち変わって土曜日の夜

この日は2件はしご

1件目は夏季にやってるボートハウスのClub der Visionaere

sakaiberlin2017IMG_0725.jpg

日本ではなかなか難しいロケーション。音駄々洩れ・・・最高です。

この日はRay Okpara, Nekes, Fabe, Monika Rossと緩めのテックハウス、ミニマルハウスが流れずっと居れる心地の良さ。

席もたくさんあり、2階には窯焼きピザ職人がいて安く食べれます。

川沿いの雰囲気がどこも素敵です。

sakaiberlin2017IMG_0728.jpg

そして、さきほどのポスターのパーティーへ移動

Visionaereからほど近いこちらも川沿いWatergate

こちらも上下と2フロアに分かれていてさらに川沿いのテラスもあり。

sakaiberlin2017IMG_0743.jpg

Sebo K , Cassy , DJ Honesty , Cab Driversと豪華メンツ、音響設備も良く体の揺れが止まらず・・・

延々とダラダラと踊り続け・・・朝を迎え。

朝焼けが綺麗で最高です。ほとんど最高しか言ってませんが・・・笑

sakaiberlin2017IMG_0755.jpg

帰りはバスと電車を乗り継ぎ帰路へ

彼の肩に寄り添う彼女たち。良い光景です。

満足に満ちているので何を見ても良い光景・・・。

sakaiberlin2017IMG_0762.jpg

金土と朝まで遊んで翌日も休み!!僕にとってはこれが1番の幸せかもしれません・・・美容師は土日は絶対仕事なので。

仕事があるからちゃんと節制しながら遊ぶ。まあ、僕の性格にはちょうどいいんだと思います。

無理も効きにくいお歳頃になってきておりますが現場感は大事なのを再認識したので、体と相談しながら遊びます・・・笑