Home > diary

diaryArchive "izumi"

読書の秋なので

  • Posted by: izumi
  • 2017.10.22 11:11
  • book

最近私は、文章をもっと読もうと思って読みやすそうなエッセイ本や小説を読んでいます。

普段が漫画ばかりで、字だけというのがなかなか手が出なかったり。

でもお店に置いてあるほしよりこさんの、"逢沢りく"を読んで

不思議なんですが、なんとなくいろんな人の考え方が気になると思って文章を読みたくなりました。

今までは自分が共感できるところを選んで読んでいた気がするので心機一転です。

逢沢りくの登場人物というか、お話がパンチがきいていたからかな、。 

hoooonaaizumi1710212.jpg

関西バッシングがぐさぐさ心に刺さるけど、私はとても好きな本です。

友だちに読み終わったからともらった"コンビニ人間"をはさみ、

(読後、なんともいえない気持ちの疲れがおそってきて凹み、、)

なんか気分よく読める読み物はないかなと本屋でうろうろしてると見つけたのがキョンキョンの本でした。

hoooonaaizumi171021.jpg

最近キョンキョンが出てるドラマ始まったしなあと手に取り、読み始めました。

知ってる方がいたら嬉しいのですが、私が小さいときに、ビデオかリアルタイムかは分からないのですが

ウッチャンナンチャンがやっているバラエティ番組のワンコーナーに準レギュラーで出ていたころのキョンキョンが

アイドルスマイルが残ってて、デビューしたてとかではないお姉さん的な感じで見てました。

時が経って、2002年ごろに放送されていたクドカンのドラマ"マンハッタンラブストーリー"に

タクシーの運転手役でキョンキョンが出ていて、たばこスパスパ吸うしちょっとやさぐれた感じの役が

ギャップがあって、こんなこともするんだ、!と思って好きになったのを覚えてます。

そこからは私の中でかっこいい大人の女性になっていました。

この本は自伝的エッセイで、家族のことや小さい頃のことが書かれています。

気分よく読めるといういい方は違う気がしますが、私的には意外だった家族の姿や考え方が面白かったです。

漫画、小説、エッセイといろんな分野を読んでいたら、読書も楽しいと思えてきました。

京都のあぶり餅

  • Posted by: izumi
  • 2017.09.27 12:12
  • eat | travel

私の高校のすぐ横にある今宮神社にはあぶり餅やさんがくっついたような形であります。

神社に進む境内の左右に違うお店が二件。

どちらもあぶり餅屋さんで、目には見えないばちばちとした戦いが

すごーく昔から続いてると私は学生時代から思ってました。笑

こっちがかざりやさん。

gaaakiizumi1709272.jpg

gaaakiizumi1709271.jpg

こっちが一和さん。

gaaakiizumi1709273.jpg

どちらも店頭で小さなおもちを焼いていましたよ。

ふたつのお店が向かい合ってるとどっちに入るかめちゃめちゃ迷い

さらにふたつのお店から声かけてもらうとさらに迷い、

意を決して今回はかざりやさんに行きました。

学校のすぐそばにあるのに、あぶりもち初めて食べました!

gaaakiizumi170927.jpg

たくさんの棒に小さいおもちがたくさんついていて

たれが甘いんですがみたらしだんごとはまたちがうような。。

でもちいさなおもちなので、ぱくぱく食べちゃいました。

高校の近くは古い神社や竹林もあって、あぶり餅屋さんの間の道を

近道ぐらいに思って自転車で走っていたのが懐かしいです。

京都のこと全然知らない泉ですが、意外と近くに京都らしい場所あったみたいです。

私の髪型

  • Posted by: izumi
  • 2017.09.21 17:17
  • beauty

髪の毛だけを絵にする。

意外とそういう視点はなかったのかも。

学生時代、作品作りのためにたくさんスケッチしてるのとはまた違い

似顔絵ならぬ、似髪絵?mikami yukiさんによる髪型だけのポートレートです。

izumi1709221.jpg

新宿にあるAPERTMENT HOTELで展示されていて

しかも自分の髪型を描いてもらえるということで行ってきました。

(今は展示は終わっています!)

izumi1709222.jpg

わたしと言えばボブ。

どんな二本線で終わるかと思いきや、とても素敵に描いて頂きました。

写真からも分かる通りぷにっとしてるのは気にしないでください。

ただいま少し減量中です、、。笑

APERTMENT HOTELは建物全体がギャラリースペースになっていて

その都度違うクリエーターさんたちが展示をされているので面白いですよ。

小さな客室スペースを、それぞれ展示されているのですが

部屋が小さいし狭いけどとっても可愛くって

自分の一人部屋の妄想が止まりませんでした。

izumi1709224.jpg

izumi1709223.jpg

駒沢公園

  • Posted by: izumi
  • 2017.08.30 12:12

8月上旬、駒沢公園にて友達の撮影のお手伝いをしました。

当日も台風の影響で雨予報の中、起きてみたらびっくり晴天。

駒沢公園に来たのは気になる場所がいくつかあったからで。

いつもお世話になってるモデルの森さんに教えてもらった場所はとっても素敵でした。

fuji1708305.jpg

fujiizumi1708306.jpg

駒沢公園がこんなに広いところだとは知らず移動だけでも一苦労。

久しぶりにだらだらと汗をかいた気がします。

fujiizumi170830.jpg

ここを歩いていたときは大変でした、、。

大量の蚊が私の左足に集まってかきむしってしまって

次の日に足をみたらとんでもないことになっていました。

しかも蚊ではなかったようで、、。草むらに入ることなんてまあないので

小学生に戻った気分でしたけど、こういう傷跡はどんどん治りが遅いんだなと実感させられてしまいました。

そんなこともありましたが、駒沢公園は楽しかったですー。

小劇場に行く

  • Posted by: izumi
  • 2017.08.20 17:17

ザ・スズナリという小劇場をご存知でしょうか。

下北沢にある鈴なり横丁というところの一角にある小劇場です。

お休みの日、舞台の当日券が出ているのを知った私は友だちを誘って見に行ってきました。

当時券は集まった人数によっては抽選ということで、ドキドキしながら待ってましたが

見事当選。なんなら並んでた人たちみんな入れたんじゃないかというくらい。

観に行った舞台はというと、"鳥の名前"です。

kkkokkokoizumi170825.jpg

出演者の新井浩文さんを含め、聞いたことのある名前もあったので観に行きましたが

内容は説明が難しいので省きます、笑

ただ一つ、サウナのシーンがあって近すぎてどこを見ていいやらで、なんかいろいろすごいなと思ってしまいました、、笑

スズナリの劇場が初めてだった私はよくロビーと言われるところの年季の入り方にびっくり。

劇場全体も年季が入っていて、床がみしみし、天井も近い、おばあちゃんの家にありがちな埃っぽさにに圧倒されていました。

でも、だいぶいい味を出していましたよ。

劇場内は後ろの端の方にいても近いんだなと思うくらいの広さ。

そんなところで、色の濃い役者さんのお芝居を見れるのは贅沢だなと思いました。

東京の舞台は、割と箱が小さくても有名な役者さんが出るのがいいなと地方の私は思うのです。

とても貴重な経験ができた一日でした。

kkkokkokoizumi1708251.jpg

終わった後の劇場前。下北のざわざわしてて、このネオンの感じはすごく好きです。