Home > diary

diaryArchive "honami"

映画を観る

  • Posted by: honami
  • 2018.01.17 17:17
  • cinema

 

今年の小さな目標のひとつです。

たくさん映画を観る。 

 

今年の年始は地元、滋賀県に帰っていました。

ここ最近のお正月は1日に映画館に行き(毎月1日は映画の日!)

おばあちゃんちに行き、母とお茶しに行ったりとダラダラ日々を過ごして

あとはひたすら家で映画を観て過ごしました。

これこそがお正月、太らないようにだけ気を付けて

これでもかってぐらいゆっくり過ごしました。。。

 

 

去年は観たいと思っている映画があってもタイミングを逃してしまったり、

あまりたくさんは観れなかったので

今回ゆっくり映画を観る時間がとれたのはよかったです。

 

新年早々は気持ちが暗くなりたくないのでなるべく

だらっと見ていられそうなものばかりを選んでました。

 

 

実家でAmazonプライムのファイヤースティックが導入されていて(笑)

邦画や洋画いろいろ観ていたのですが、その中で岩井俊二監督の

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

を、ものすご~~く久々に観ました。

 

hoooooYGCuoJdWPmzo7vumyfy6RFWDaUJeaC8BDhvEgo5w.jpg

 

高校生ぐらいの時に、花とアリスとかスワロウテイルとか、

岩井俊二監督の映画がすごく好きで観ていたころに観た記憶はあったのですが

大人になって改めてちゃんと見たらこんな内容だっけ、となる部分が多かったです。

 

まず、奥菜恵の美しさがすごい。 

 

hooooo7890da19895bf55f40a1a442719bd8b4.jpg

小学生の役なんですが、このとき14歳だったそう。

劇中のシーンで精いっぱい大人っぽい格好をして

「どう?16歳に見える?」と聞くときなんてもう、

それはもう言い表せない何とも言えない衝撃でした。 

 

hooooohoooooDHmIwQ3VoAAYa5D.jpg

 

どこかミステリアスで大人っぽいなずな(奥菜恵)。

それに対してまだまだ子供っぽい男子たち。

男の子同士のやりとりも、女の子の少しませた感じも妙にリアルで。

けっこう淡々と進んでいくし終わりも衝撃のラストとかもないけど

何とも言えない、胸のあたりが暖かくなる感覚を久しぶりに感じる映画でした。

 

この時期の岩井俊二監督の作品は特に

少年少女にしか出せない無垢な世界観が美しいなと思います。

最近の作品より個人的にはこの時期の作品が好きです。

 

去年たくさんは観れなかった分、今年は気になる映画は

なるべく見逃さないようにしたいと思います。

 

聖なる夜に。

  • Posted by: honami
  • 2017.12.27 13:13
  • eat

みなさんは今年のクリスマス、いかがお過ごしでしたか?

渋谷はすごい人だったそうですね。。。

 

なんだか、大人になるにつれてクリスマスが

だんだんそこまで特別じゃなくなった気がします。

 

子どもの頃はなにを貰おうか考えて、1年のうちで誕生日以外で

ホールのケーキが食べられる特別な日だとワクワクしてたものでした。

 

今日はクリスマスだから!プレゼントを!ケーキを!っていうのは少し薄れたけど、

それでもなにかクリスマスっぽいご馳走を食べたくて。

ローストポークにチャレンジしてみました!

 

友だちの料理家にレシピを聞き、前日からつけておいた豚肩ロースかたまり肉。

 

ニンニクすりおろしと、ローズマリーとタイムと肉の重量の1%のお塩をもみこみ、

ラップにくるんで袋に入れて、わたしは味を染み込ませたかったので

1晩漬けました!(彼女のレシピだと時間がなければ10分でもOKでした)

 

ストウブで焼こうかと思っていたけど他の料理で使わないとだったので

一旦フライパンで全体に焼き目を付けた後、アルミホイルに包んでオーブンへ!!

 

180℃で約20~30分ほど。

触ってみて、弾力があって串をさして肉汁が透明だったらOKだそうです。

 

hooonamiiiFullSizeR.jpg

 

工程はこんなに簡単なのに、本格的なお店の味がしました!!!

柔らかくて、すごくおいしかったです。

 

肩ロースのかたまり肉だなんてなかなか自分では買わないので

テーブルに並んだローストポークはまさにご馳走!

って感じがしてなんだか嬉しくて、少し童心に帰った気がしました(笑)

 

特別な日には特別な何かをするって、いいなあと思いました。

クリスマスを過ぎたら今年もあとわずか。

 

年内30日まで元気に営業したいと思います!

 

 

茨城の海、千葉の森

  • Posted by: honami
  • 2017.12.18 14:14
  • art

先日、知り合いのカメラマンさんと一緒に

ちょっと遠出をして撮影に行って来ました。

 

朝一はお店の屋上で。

この日はあいにくの曇り空でしたが、それもまた良い雰囲気に。

honahonahonaIMG_5696.jpg

honahonahonaIMG_5698.jpg

そしてその後、千葉の森へ。

 

森といっても大きな山というわけではなく、

道路から少し入ると木が茂っているような場所でした。

honahonahonaIMG_5703.jpg

 

天気は良くなかったけれど、森の中でもうっそうとした感じはなくて

静かで雰囲気のいい場所でした。

 

そこからさらに車で移動すること約1時間半。

最後は茨城の海辺に。

 

海なんですが、砂浜が丘の様になっていたり芝生になっている場所もあって

近くには風車もあってとてもロケーションのいい場所でした!

 

honahonahonaIMG_5704.jpg

 

大きな風車。圧巻です。

honahonahonaIMG_5714.jpg

 

海辺にはいろんな流れ着いたものが落ちていて、

なかにはこんなに大きな流木も。

honahonahonaIMG_5711.jpg

いつからあるのか、もたれかかってもビクともしない。 

 

色んな漂流物の色味が、可愛かったり。

honahonahonaIMG_5712.jpg

 

東京に戻ってきたのはもう夜になっていましたが

とてもいい作品ができた、楽しい撮影でした。

 

来年も止まらず、たくさん撮影したいと思います! 

芸術の秋

  • Posted by: honami
  • 2017.11.24 12:12
  • art

とはよく言ったもので、

なんだか最近気持ちのいいお天気の日が多いからなのか、

すがすがしい気持ちで心が穏やかだからなのか(笑)、

本を読んだり、美術館に行ったりしようかなと思う日が多いです。

 

気になる展示が多いので、最近よく上野に行っています。

 

ちょっと前に行ったときはまだだったのにこの前行ったら

もう紅葉が始まっていて、すごくきれいでした。

 

honaamiiIMG_5314.jpg

honaamiiIMG_5317.jpg

 

今回は前から気になっていた東京国立博物館でやっている

特別展「運慶」を、観に行きました。

 

運慶って、昔教科書に出てきたよなあ。。。ぐらいしか知らなかったのですが

これがまた、すごく面白かったのです。

 

行ってみようと思ったきっかけは、東京藝大に通うお客様とその話になって、

学校の教授があんなに国宝級の仏像が揃うことなんてない

と言っていたと聞いて気になって行ってみました。

 

学校の歴史の授業で習ったときは、「へえ。」ぐらいにしか思ってませんでしたが

実際に見る仏像は今にも動き出しそうなぐらい写実性が高く美しい物ばかりでした。

 

特別展を開催していた東京国立博物館

honaamiiIMG_5321.jpg

日本最古の博物館だそうで、歴史を感じる建物でした。

 

honaamiiIMG_5327.jpg 

 

建物見物に、また近々ゆっくり行きたくなりました。 

最近は陽が落ちるのが早く、出た時にはもう外は真っ暗でした。

本当にこの日は気持ちいいほどの晴天で、星空と(星は写らなかった)

ライトアップされていた重要文化財に指定されている表慶館が綺麗でした。

 

honaamiiIMG_5329.jpg

ここは展示期間中のみ開館しているそうで、

今回は時間が無くていけなかったので次回行ってみたいです。

安藤忠雄展ー挑戦ー

  • Posted by: honami
  • 2017.11.16 12:12
  • art

新国立美術館で開催中の企画展

「安藤忠雄展ー挑戦ー」

hoooonaaaaamain-1.jpg

 

前々からずっと行きたいなーと思っていた展示でした。

新国立美術館は火曜定休なので火曜休みのわたしはなかなか行けず。。。

 

この間このために水曜休みを取って(笑)、やっと行って来ました!

 

広いスペースに所狭しと模型が展示されており、

そのひとつひとつの模型の横に完成後の建物の映像がパネルで流されていました。

模型、設計図とさらに完成後の建物の映像までもがあって

とにかくボリュームがすごかったです!

 

展示スペースの外には大阪にある「光の教会」が

なんと原寸大で再現されていました。

残念なことに私が行った日はあいにくの曇り空で

光が弱かったのですが。。。

 

hoooonaaaaaFullSizeR.jpg

 

すごく素敵過でした。

これが教会だなんて。

天気のいい、綺麗な光が入ってくる日にもう一度行きたいです。

 

幾何学的なものや歴史を感じられる西洋のもの東洋のもの、

モダニズム建築、色々見てきたけどわたしは特に

芸術性のある美しさを特に感じられるものに心惹かれている気がします。

 

安藤忠雄さんは知っているけど詳しいわけではなかったんですが

今回の展示で有名なもの以外で、これも安藤さんだったんだ!

と思えるものや、今まさに建築中のもので

完成したら見に行ってみたいと思えるものもたくさんありました。

こういう建築物を人の手で建てられたということ、

建物だけでなくそこにある空間全体を計算して造られているという

その過程にも美しさを感じるので、それも想像しながら見ています。

 

設計図とかは、ち密すぎて素人には全く理解できませんでしたが。。(笑)

 

この新国立美術館自体がとても好きでたまに行きたくなります。

ここでやる展示は大きいものが多く、ミュシャとかダリとかの時に

すごく混んでいたので今回も心配していったけど

会期途中の時期だったからなのかあまり混んでなかったので

行くならギリギリよりも今のうちが狙い目だと思います!

 

12月18日(月)までらしいのでぜひ、お早めに!